Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

プロフィール

伊熊よし子 ―Yoshiko Ikuma―

音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。
レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。
クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。
アーティストへのインタビューの仕事も多く、もっとも多い年で年間70名のアーティストに話を聞いている。
クラシックは「生涯の友」となり得るものであるとの信念のもと、各アーティストの演奏、素顔、人生観、音楽観を自分の言葉で人々に伝えることに全力を傾けている。

photo 満田聡 / hair&make Yukihiko AZUMA

Yoshiko Ikuma is a music journalist and critic. She graduated from Tokyo College of Music and worked at a record company before serving as Chief Editor at the piano magazine *Chopin*. Since then she has worked freelance.

She started writing with the aim of introducing classical music to the wider public. She has contributed to music magazines, newspapers, popular magazines, information journals, and Internet sites.

Ikuma has interviewed numerous artists, and at times has sat down to talk with up to 70 different artists in a year. She believes that classical music is her “lifelong friend” and through her writings hopes to communicate each artist’s performance, character, philosophy on life and music to her audience.

連載&レギュラー誌(紙)

日本経済新聞(日本経済新聞社)
赤旗日曜版(日本共産党中央委員会)
モーストリー・クラシック(産経新聞出版)
intoxicate(タワーレコード)
音楽ジャーナリスト&ライターの眼(WEB、ヤマハ)
ピアニストラウンジ(WEB、ヤマハ)
公明新聞(公明党機関紙委員会)
CDジャーナル(音楽出版社)

The Others

家庭画報(世界文化社)
レコード芸術(音楽之友社)
音楽の友(音楽之友社)
ぶらあぼ(MDA)
東芝グランドコンサート・プログラム(フジテレビ)
都民劇場コンサート・プログラム
NCAC音楽大学(長野市芸術館)講師
CD&DVDライナーノーツ(レコード会社)
コンサート・プログラム&チラシ&冊子(音楽事務所、ホール、音楽祭事務所)