Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ワークス

音楽ジャーナリスト、音楽評論家として、
さまざまなことに携わってきました。 ここでは、出版した単行本をご紹介いたします。

As a music journalist and critic, I have worked on numerous projects. Here I will introduce the books I have published.

photo 満田聡 / hair&make Yukihiko AZUMA

クラシックはおいしい アーティスト・レシピ

クラシックはおいしい アーティスト・レシピ (芸術新聞社 2013年)

ひとりのアーティストの演奏や録音を聴き、インタビューも行い、その人のイメージからレシピを創造。アーティスト本人の国籍や嗜好は関係なく、私が自由に発想したもの。国際舞台で活躍する50人をセレクトしている。

Classic Is Delicious ? ARTIST RECIPE

Created original cooking recipes for classical musicians inspired by listening to their live performances and recordings, and by interviewing them. These recipes do not reflect the artists’ nationalities and food preferences but I came up freely with the ideas. Selected 50 internationally active artists. Actual cooking recipes included.

リトル・ピアニスト 牛田智大

リトル・ピアニスト 牛田智大 (扶桑社 2013年)

12歳で録音デビューを果たした牛田智大の生い立ち、ピアノとのかかわり、猛練習に明け暮れる日々、家族との生活、デビュー後の生活の変貌、演奏の魅力を解き明かし、素顔に迫る。撮りおろし写真多数のフォトブック的1冊。

Little Pianist, Tomoharu Ushida

Getting close to the core heart of Tomoharu Ushida, the pianist who made his recording debut at the age of 12 by figuring out his background, relationship with the piano, the days of hard practice, his life with his family, changes in life after his debut and of course the charm of his performances. Includes numerous new photos especially taken for this photo book like approach.

伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う

伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う (PHP新書 2013年)

「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2013」のアンバサダーを務めたとき、その年のテーマであるフランスとスペインの音楽をエッセイに。大好きな作曲家、作品、土地、アーティストについてその魅力を掘り下げた。

Yoshiko Ikuma’s Delicious Music Guide -Enchanted by Paris, Entranced in Granada

Wrote essays on French and Spanish music, themes of “La Folle Journee au Japon 2013” when I took the role of Ambassador of the music festival. I dug deep into the charms of my favourite composers, musical works and places and artists.

図説 ショパン

図説 ショパン (河出書房新社 2010年)

ショパン生誕200年を記念し、写真を多数盛り込みながら作曲家の生涯、ショパン国際ピアノ・コンクール、ショパンを愛するピアニスト、資料編で構成。男性にもぜひショパンの音楽を聴いてほしいという願いを込めて…。

Frédéric François Chopin

This book was published to commemorate the 200th anniversary of Chopin’s birth. It is a resource book full of photos and text about the composer’s life, the International Frederick Chopin Piano Competition, and pianists who love Chopin. I wrote it with the hope that men would come to love Chopin just as much as women do.

北欧の音の詩人 グリーグを愛す

北欧の音の詩人 グリーグを愛す (ショパン 2007年)

ノルウェーの作曲家、エドヴァルド・グリーグの没後100年にあたる2007年にゆかりの地を訪ね、作曲家の足跡をたどった。エッセイ、生涯、曲目解説、名盤ガイド、演奏家が語るグリーグ、名曲集CD付き。

Edvard Grieg

2007 was the 100th anniversary of Grieg’s death. That year I went to visit locations associated with the Norwegian composer’s life. Includes essays, his biography, piece descriptions, guide to famous recordings, musicians’thoughts about Grieg, and a CD of his most famous pieces.

イラストオペラブック トゥーランドット

イラストオペラブック トゥーランドット (ショパン 2006年)

荒川静香が2006年トリノ・オリンピックで優勝した時に用いたのがプッチーニの歌劇「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」。これを機に一気に人気が高まった。このオペラをイラストを交えながらさまざまな角度から紹介。全曲ハイライトCD付き。

Turandot

When Shizuka Arakawa won the gold at the 2006 Torino Olympics, she skated to Puccini’s “Nessun Dorma” from the opera “Turandot.” After this event the opera became very popular in Japan. In this book I introduce the opera from various perspectives using illustrations. Includes highlights of all the pieces.

魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー『わが真実』

魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー『わが真実』 (小学館 2005年)

旧ソ連時代に無実の罪で投獄された経験がマイスキーのチェロの響きに色濃く投影され、聴き手の心を強く揺さぶる。彼の半生は幸福の絶頂か悲劇の両面しかないと語る本人の言葉を生かし、一人称の形で書き進めた。

Mischa Maisky

Mischa Maisky was imprisoned in a Soviet camp for crimes he didn’t commit. This experience had a great effect on his cello playing. His performance truly moves the soul of the listener. He has said that half of his life was sublime happiness and half was a tragedy, and with these words in mind I wrote in first person narrative.

ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語

ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語
(ヤマハミュージックメディア 2003年、ベトナムのPHUONG NAM BOOK COMPANYより2008年ベトナム語翻訳版出版)

ショパン・コンクール優勝直後から20余年間にわたって演奏を聴き続け、取材を積み重ねてきたなかで、演奏が著しく変貌を遂げた2000年春に執筆を決意。心に響く美しいピアニズムの原点を探りたかった。

Dang Thai Son

When I wrote this book in 2000, I had been listening to Dang Thai Son’s music for over 20 years?ever since he won the International Frederick Chopin Piano Competition. I had also been continuing my research on him. In spring of 2000, his performance style had undertaken an enormous change; this is when I chose to write the book. It was my intent to discover the source of his moving, beautiful “pianism.”

ヴェンゲーロフの奇跡~百年にひとりのヴァイオリニスト~

ヴェンゲーロフの奇跡~百年にひとりのヴァイオリニスト~
(共同通信社 2000年)

デビュー当初からずっと取材を続け、彼の25歳を記念して出版にこぎつけた。最終的に、ヴェンゲーロフのイスラエルの自宅で10日間ホームステイをしながら内容を深めた。

Maxim Vengerov

I have followed the career of Maxim Vengerov from his debut. I published this book as a commemoration for his 25th birthday. I was able to add a lot to this work during a ten-day “home stay” at his house in Israel.

クラシック貴人変人

クラシック貴人変人 (エー・ジー出版 1998年 絶版)

インタビューや取材などを通じて浮き彫りになった、各分野を代表する実力派アーティスト33人(カラヤン、小澤征爾、プライ、グルダ、ミケランジェリ、ラローチャ、ヨーヨー・マら)の音楽に対する姿勢、演奏の魅力、知られざる素顔などを自由に綴った。

Eccentric geniuses

In this book I used interviews and research to depict 33 artists who are each giants in their genre?including Karajan, Ozawa, Prey, Gulda, Michelangeli, Larrocha, and Yo-Yo Ma. The book delves into their attitudes toward music, the beauty of their performance style, and their rarely seen true personalities.